院長中野貴子挨拶など病院紹介|大阪市淀川区貴生病院

アクセス

病院案内

病院案内

病院案内

貴生病院は、「愛します、守ります」を合言葉として、地域に密着した医療を提供できるように一般医療・救急医療を行っております。
救急告示病院として救急医療に取り組む一方、地域社会の皆様の要望にお応えして一般病棟の一部をゆったりとした療養型病棟に転換し、長期入院が必要な患者様にも安心して療養していただける体制を整えております。
人工透析室(透析治療台24床)、リハビリテーション室も整えており、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による対応も行っております。

  • 人工透析は、血液透析および腹膜透析も行っております。
  • 人工透析患者様へは、無料の送迎サービスも行っております。

病院長あいさつ

院長 中野貴子

院長 中野貴子

昭和52年から診療所を開設していた中野繁則(前院長)が地域医療に貢献したいという思いで、昭和62年9月に病床数150床の病院を開設し、生命を貴ぶという意味合いから「貴生病院」と名づけました。開設してから34年目を迎えることとなりました。
開設当時は一般病床150床の病院でしたが、社会情勢の変化や地域医療の要望にお応えする形で、平成26年4月からは一般病床60床・療養病床55床・人工透析24床の病院とすることができました。


超高齢化社会、少子化に加え、新型コロナウイルス感染症の影響などもあり急速に変化する社会状況に、医療分野における一員としてその役割を今後も果たしてまいります。

当院におきましては「愛します、守ります」の基本理念に則りその役割を果たすべく対応してまいります。
一つには超高齢化に対して、ますます重要度の増す地域密着医療において療養型病棟の維持および予防医学の一環としての検診・予防接種などへの取組強化を行ってまいります。
またリハビリテーションおける身体機能の維持・向上への取組も積極的に取り組んでまいります。
二つ目として新たな国民病(成人の8人に1人)とも言われている腎不全への患者様へ、人工透析だけでなく腹膜透析も含めて様々な療養の取組強化を行ってまいります。
最後に三つ目としまして、当地域へ就業や学業で赴任・在住されて来られた方々への健康相談窓口としての取組強化を行い、地域に根差した社会貢献をさらに進め、患者様や地域の皆さんの信頼と期待にお応えできる病院となるように職員一同頑張ってまいります。

令和3年4月

理念

愛します、守ります

基本理念

・誠意と真心で地域医療に貢献する
・慈愛でつつむ医療と福祉と保健

基本方針
  • 窮地にある患者様や地域の方々のニーズに合った医療・福祉・保健の連携を積極的に行います。
  • 心から、安らぎを実感でき、ぬくもりのある病院になります。
  • 救急医療を含め、地域の方々の健康を守り、その増進に力を注ぎます。
  • 職員が常に切磋琢磨し、信頼と納得される病院となります。
  • 患者様の人権を守り、真摯な態度で持てる機能を最大限に発揮し医療を行います。
  • 法令を遵守、健全な経営を行います。
患者様の権利
  • 適切な治療を受ける権利
  • 人格を尊重される権利
  • プライバシーを確保される権利
  • 医療上の情報、説明を受ける権利
  • 医療行為を拒否する権利
職員の心得
  • 清潔
  • 親切
  • 平等
  • 思いやり
  • 礼儀正しく
貴生病院七訓
  • 人々の健康で豊かな生活のために 
    これが私たちの使命です
  • 打てばひびく          
    これが私たちの感覚です
  • 腰軽く粘り強い         
    これが私たちの根性です
  • 心と心の触れ合い        
    これが私たちの誠意です
  • 言葉と表情からも(真意)を聞く 
    これが私たちの科学です
  • 話し上手より聞き上手      
    これが私たちの技術です
  • どんな役目にも誇りを      
    これが私たちの組織です
貴生病院章と章アルファベットの意味について
K:Kindness 病院の「優しさ」「親切さ」を表現
S:Spirit 「精神」「貴生魂」⇒理念(philosophyという単語は使っていませんが)につながるもの
H:Hospitality 「思いやり」
ロゴ

あゆみ

令和2年9月 電子カルテ導入
平成27年 8月 在宅訪問診療 開始
平成26年 6月 エックス線フィルムレス PACS導入
平成26年 4月 人工透析室(24ベッド)オープン 病床数変更115床

詳しく見る

平成20年 3月 リハビリテーション施設基準 運動器リハ(I)・脳血管リハ(II)・取得
平成20年 2月 リハビリテーション室完成
平成19年 12月 リハビリテーション室の全面改修着工
平成19年 3月 大阪市長より 長年にわたる救急医療への貢献に対し 感謝状を受ける
平成18年 12月 副院長:中野貴子が院長に就任し、病院運営を引き継ぎ 新たに貴生病院の開設者、管理医師となる
平成18年 12月 院長:中野繁則 逝去
平成12年 5月 療養型病床55床、一般病床95床へ変更
平成12年 4月 療養型病床群(56床)設置許可、 一般病床94床 計150床
平成12年 3月 同上竣工
平成7年 10月 病床150床の内60床を老人特例許可病床へ変更
平成4年 3月 大阪市消防局長より消防功績顕賞を受ける
平成3年 3月 大阪市消防局長より救急医療業務の推進寄与に対し 感謝状を受ける
平成2年 1月 救急告示病院認定を受ける
医療設備

ホールボディーCTスキャナー

ホールボディーCTスキャナー

TV透視装置

TV透視装置

手術室

手術室

特殊浴槽

特殊浴槽

一般浴槽

一般浴槽

リハビリテーション室

リハビリテーション室

救急車

救急車

透析室

透析室

概要

所在地 〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国1丁目18-4 Google map
電話番号 06-6392-0007
FAX番号 06-6395-3186
ベッド数 一般病床 3F:60床 
療養病床 4F:55床 
透析室 5F 血液透析:24床 
診療科目 内科(消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・糖尿病内科・腎臓内科・人工透析内科)、外科(消化器外科・肛門外科)、整形外科、リハビリテーション科、小児科、皮膚科、放射線科
施設基準

【特掲診療科】

  • 糖尿病合併症管理科
  • 腎代替療法指導管理科
  • ニコチン依存症管理科
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 在宅療養支援
  • 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
  • 在宅がん医療総合診療科
  • CT撮影
  • 外来後発医薬品使用体制加算
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
  • 運動器リハビリテーション料(I)
  • 人工腎臓
  • 導入期加算2及び腎代替療法実績加算
  • 認知症(III)
  • 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
  • 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術

【基本診療料】

  • 看護補助加算
  • 療養病棟療養環境加算2
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1
  • 感染防止対策加算2
  • 後発医薬品使用体制加算1

【入院時食事療養等】

  • 入院時食事療養(I)
  • 入院時生活療養(I)

最寄り駅からのアクセス

公共交通機関でお越しの方

  • 地下鉄御堂筋線 東三国駅
    2番出口より西へ徒歩 約7分
  • JR新大阪駅
    4番出口より西へ徒歩 約20分(車で約5分)
  • 阪急電車宝塚線 三国駅
    東へ徒歩 約15分(車で約5分)

お車でお越しの方

お車でお越しの際は、6台分の有料駐車場をご用意しております。外来受診・お見舞いの方には割引サービスがあります。

地図
TOP
tel 06-6392-0007 fax06-6395-3186